· 

淡水魚について [タナゴ2]  カネヒラ

収穫の秋・・・読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋。

秋は何かをするにしてもちょうどよい気候なんでしょうね。

しかし、本日は立冬。冬が立ってしまいましたよ。


今日はシリーズ第二弾です!


コイ目コイ科タナゴ亜科

タナゴ属

▼ 口にひげがある (ただしイチモンジタナゴではきわめて短い)

▼ 体側に1本の縦帯(だいたい青色)がある

―・―・―・―・―

以下は、今回記載する種に共通する特徴です。

▽ 背鰭分枝軟条数(体との付け根から背ビレに走る直線のようなもの)は12以上

▽ 体高は高い


カネヒラ

※ 背ビレの軟条数は13以下、尻ビレの軟条数は11以下

●生息地;河川の下流域、それに続く用水路、平野部の湖沼

       濃尾平野以西の本州、九州北部

●婚姻色;濃いピンクのヒレ、エメラルドグリーンの体色

産卵型

・とても飼育しやすい。

・一番の特徴は、タナゴの中でも大きいこと。

・婚姻色がとにかくキレイ。

・繁殖させやすいが、産卵した貝を翌年春まで生かしておくことが難しい。

・苔が好きでよくつついている。



オオタナゴ

 背ビレの軟条数は15以上、尻ビレの軟条数は12以上

 もともと朝鮮半島原産ですが、移植により茨城県や千葉県、東京都に定着しています。



タナゴ属はまた次回へ続きます☆



facebookページ!