· 

【タナゴ・ドジョウ・モロコの組合せ】 アンケート結果です☆

さて、2周年記念プレゼントキャンペーンの結果です(^^)

ご応募いただきありがとうございました。

TOP3発表のほか、いただいたコメントも一部ご紹介いたします。

任意でお願いしたものをたくさんの方々がご記入くださいました。

私も新たに発見したことも多かったです☆


第1位  

カネヒラ、ヒガシシマドジョウ、カワバタモロコ

―――ダントツの1位でした!

     この3種は、それぞれの分類でもご選択いただいた数が最も多く、

     人気モノの組み合わせであることがわかりました!

     また、カワバタモロコ特有の色合い、群れになった時の美しさを好む方が多く、

     カネヒラの優しい色合いとシマドジョウの模様を併せたとき、

     華やかな水槽になる!というのが人気の理由のようです!

[お客様コメント]

・カネヒラのピンク色とカワバタモロコのゴールドが1年中水槽内に映えます。カネヒラは1ペア、カワバタモロコは10匹程度を60cm水槽に泳がせたいです!


・相性が良さそうで、きれい。


・カネヒラの婚姻色とカワバタモロコの群が水槽にあいそう。


・カネヒラは淡い色合いと大きくなるのが好き。シマドジョウはドジョウの中では1番キレイ。そして娘が好きな種類。


・≪カネヒラ≫

秋の婚姻色は、オスは体色がブルーグリーンで、ヒレはピンクで美しく、メスはオスのように派手さは無いが、白銀色の体色にヒレは黄色でわびさびの美しさを感じさせます。

飼育は容易で丈夫、成長早くて大型になり、主役に映える魚種であると思います。

≪ヒガシシマドジョウ≫

日本固有種で、縞模様が美しく、良く泳ぎ、砂にも潜ったりして、観察すると面白いタンクメイトであると思います。

≪カワバタモロコ≫

日本固有種で、初夏のオスの婚姻色は黄金に輝いて綺麗で、メスは抱卵して体高が高くなり立派になります。

野生個体の捕獲を禁じている所が多いが、飼育環境下でも丈夫で繁殖も可能なので、名わき役であると思います。


etc...


2位は同率で3つの組み合わせ!

第2位(1)  

アブラボテ、ホトケドジョウ、タモロコ

―――アブラボテは、唯一無二の色合いが人気でランクイン!

     派手さはありませんが、落ち着いた色合いの水槽をご提案いただいた印象です。

     しっとりとした雰囲気になりそうですね☆



[お客様コメント]

・アブラボテはパッと見かわいいから。ホトケボジョウは貫録があるから。タモロコは半透明鱗が可愛いから。

・アブラボテの色が好きだから。   etc...

第2位 (2) 

タイリクバラタナゴ、ドジョウ、イトモロコ

―――いまでは日本でおなじみのタイリクバラタナゴ、

     誰もが知っているドジョウと併せて、いぶし銀?!のイトモロコの組み合わせです。

     イトモロコは上品な模様で、ゆったりとした様子が人気の秘密です。

 


[お客様コメント]

・お淑やかな感じにまとめました。タイリクバラタナゴの婚姻色が鮮やかを引き立てると思います。

・タイバラは馴染みがある.(カネヒラは大きくなって困ってしまう(笑))

 普通のドジョウもなかなか可愛い.

 モロコ類の項目は5種全て飼っていますが,イトモロコの顔が可愛い(どれも好きなので選ぶのに悩みました)  

            etc...

第2位 (3) 

ヤリタナゴ、フクドジョウ、イトモロコ

―――イトモロコ先生がここでもランクイン。

     比較的丈夫なヤリタナゴをメインに考えられた組み合わせですね。

     おっとりしたフクドジョウの模様は水槽内でアクセントとなるでしょう!    

 

 

[お客様コメント]

・フクドジョウが好きで、ヤリタナゴを飼ったこともあるのでこの組み合わせにしました。

・フクドジョウのなんとも言えない柄がいるだけで水槽がにぎやかになり、

 ヤリタナゴの朱色のヒレがポイントとなる。イトモロコはゆらゆら泳ぐところが好き。

            etc...


いかがでしたでしょうか??

皆さんのお好きな組み合わせはありましたでしょうか。

また、これもあり!と思うものもあったら嬉しいですね(^^)

改めて理由を聞いてみて想像すると、どれも素敵なんですが、お客様それぞれお気に入りのポイントがあって、とても楽しかったです☆貴重なご意見、本当にありがとうございました!!!!!



そして、ここからは、おしくもランクインを逃したけれども、ぜひご紹介しておきたい組み合わせをいくつかご紹介します。お客様のコメントとともに!


★タイリクバラタナゴ、ホトケドジョウ、カワバタモロコ★

[お客様コメント]

小型水槽でも楽しめる組み合わせだから。


★タイリクバラタナゴ、ヒガシシマドジョウ、モツゴ★

[お客様コメント]

これにメダカを足した水槽が家にありますが、見ていて飽きません。


★アブラボテ、ヒガシシマドジョウ、ムギツク★

 [お客様コメント]

アブラボテがメインですが残餌処理役や脇役も鑑賞者の好みによってメインになり得るくみあわせです。また、シマドジョウは細かい砂地を好むことから底床に田砂をチョイスするとムギツクの黒いたて線が際立たれとても美しくなるから


★アブラボテ、フクドジョウ、ムギツク★

[お客様コメント]

さっぱりとした印象の日淡魚ですが、私は曲者揃いを選びました!ボテはタナゴ類唯一無二の体色、フクドジョウはカマツカのような吻、ムギツクは托卵性という個性ある魚達を推します!


★ヤリタナゴ、ヒガシシマドジョウ、カワバタモロコ★

[お客様コメント]

この種類は特に丈夫で飼いやすい気がします。ヒガシシマドジョウ、カワバタモロコ、は比較的丈夫で柄もきれいです。特にヤリタナゴはなつっこいし、食べっぷりは良いし、丈夫だし、タナゴ初心者にはなかなかです。(初心者経験済みの目線で)


★ヤリタナゴ、フクドジョウ、ムギツク★

[お客様コメント]

私の地域では飼育出来る魚種が大変少なく、この三匹は憧れの淡水魚でした。ヤリタナゴはタナゴの中でもとても気に入っています、フクドジョウは可愛らしい顔が好きで、ムギツクは熱帯魚のような美しさが目を惹きます。

私にとってはこの三匹が最高の組み合わせだと思いました。


★カネヒラ、ホトケドジョウ、イトモロコ★

[お客様コメント]

カネヒラは1番好きなタナゴです。ホトケドジョウは模様が綺麗なので、今のウチのタンクメイトに検討中です。

イトモロコはモロコの中でも上品に思えます。


★カネヒラ、ヒガシシマドジョウ、タモロコ★

[お客様コメント]

カネヒラをメインに、魚の形状、色合いを考えて、混泳させた場合、この組み合わせが、水槽内の動きが綺麗ではないかと思います。


一部をご紹介いたしました。ほかにも数えきれないほどコメントをいただきました!


今回、1位になった、カネヒラ、ヒガシシマドジョウ、カワバタモロコの組み合わせは、

来年セット販売を予定しております!

その時はまたお知らせしますのでよろしくお願いいたします!