コイ・フナ

 

 

コイ目コイ科コイ亜科。

早口言葉のようですが、コイとフナと呼ばれる魚の分類です。

こんなにコイを繰り返していますが、『コイ目』という大きな分類では、世界に3,000種以上が存在しているとか。

日本の淡水魚の多くもコイ目です。

コイってすごいですね。 


(淡水魚)透明鱗ギンブナ(1匹)
商品情報 (生体サイズ)3~5cm± ※規格内で掬った順に対応させていただきます  (雌雄) 不問 ... (続きを読む)
¥1,980 2
(淡水魚)ソウギョ(1匹)
商品情報 (生体サイズ) 17~20cm± ※規格内で対応させていただきます (雌雄) 不問 ... (続きを読む)
¥3,980 2
(淡水魚)透明鱗ヘラブナ(1匹)
商品情報 (生体サイズ)3~5cm± ※規格内で掬った順に対応させていただきます  (雌雄) 不問 ... (続きを読む)
¥2,580 2
(淡水魚)ヒブナ/緋鮒/緋ブナ (1匹)
商品情報 (生体サイズ)5cm± ※規格内で掬った順に対応させていただきます (雌雄) 不問 ... (続きを読む)
¥1,980 2
(淡水魚)ギンブナ(マブナ)
商品情報 (生体サイズ)※規格内で対応させていただきます ・S…3~8cm± ... (続きを読む)
¥400より 2
(淡水魚)ヘラブナ(1匹)
商品情報 (生体サイズ)※規格内で掬った順に対応させていただきます ・S…4~9cm±  ... (続きを読む)
¥730より 2
(淡水魚)鯉/コイ(10cm±)(1匹)
商品情報 (生体サイズ) ・10cm±  ... (続きを読む)
¥680より 2